水を使って住まいの涼しさを演出

夏でも涼しく過ごせる住まい

水を使って住まいの涼しさを演出 夏は暑ければクーラーをつければ解決しますが、クーラーばかりに頼っていると、風邪をひくなど、体調を崩してしまうこともあります。電気代も一気に跳ね上がってしまうので、経済的にきついと言う人もいるでしょう。なので、クーラーの使用を最小限にとどめるために工夫をすることです。たとえば、現代の住まいはフローリングが当たり前になっています。フローリングにカーペットを敷いている人も少なくないですが、これだと夏は余計に暑く感じてしまうでしょう。なので、ござを敷くのがおすすめです。ござに使われているい草は、熱伝導率はあまりよくありません。

しかし、吸湿作用と放湿作用はとても優れています。夏は暑さよりも、汗や湿気の方が不快に感じるでしょう。ござを敷けば汗も湿気も吸ってくれて、肌触りも良く快適に過ごすことができます。また、現代の住まいに欠かせないと言われているのが除湿機です。日本は湿度が高いと言うことで有名ですが、湿度が低ければ気温が30℃でもそれほど暑さを感じません。湿度が低ければ、当然汗は蒸発しやすくなります。そして、蒸発する家庭で気化熱が発生し、それが肌の温度を下げてくれると言うわけです。ござを敷きつつ、除湿機も導入しましょう。


Copyright(c) 2019 水を使って住まいの涼しさを演出 All Rights Reserved.