水を使って住まいの涼しさを演出

涼しく過ごせる住まいの工夫

水を使って住まいの涼しさを演出 ベランダの床がコンクリートだと、夏は困る可能性が高いです。コンクリートは熱を吸収しやすいので、せっかくの涼しい風が温められて住まいに入り込んできます。暑くて過ごしにくくなるでしょう。なので、ベランダの床にはウッドデッキを敷くのがおすすめです。木はコンクリートよりも熱を吸収しません。ベランダにウッドデッキを敷けば、ベランダ床面の表面温度は上昇しにくくなります。結果、住まいに入ってくる風の温度が上昇することを防ぎ、涼しく過ごせることにつながるわけです。さらに、ベランダから室内への照り返しを少なくする効果もあります。

また、最近はガーデニングにこだわる人も増えました。ここでも工夫をすれば、夏でも涼しく過ごせることが可能になります。庭にはレンガをふんだんに使うようにしましょう。レンガは湿度を一定に保ち、空気をカラッとさせます。さらに、気化熱で周囲の空気を冷やす効果や、風を呼び込む効果もあります。使わない手はありません。また、夏場は肌を露出する服を着るでしょう。家の中では裸と言う人も少なくありません。その場合、フローリングに直接座ると、汗でベタついて不快に感じるでしょう。ベタつかない素材のラグなどを敷くことです。

関連リンク



Copyright(c) 2019 水を使って住まいの涼しさを演出 All Rights Reserved.